配線用遮断器及び漏電遮断器の定格電流値の補正

配線用遮断器及び漏電遮断器の定格電流値は、基準周囲温度を基準に設定されています。(一般的に40℃、一部25℃、船舶用で45℃など)

遮断器の設置場所の温度が基準周囲温度と大幅に異なる場合には、温度補正曲線により定格電流の補正を行う必要があります。温度補正曲線は機種、過電流引き外し方式などにより違いがありますので、メーカーカタログ等を確認しなければなりません。

定格電流値ギリギリで使用していると、夏場などの高温時に意図しない遮断が起きることがあります。元々余裕のある設計をしていれば問題はないと思います。