配線用遮断器及び漏電遮断器のフレームサイズ(AF)

MCCB

以前、配線用遮断器及び漏電遮断器のフレームサイズといえば下記でした。

 30-50-60-100-225-400-600-800-1000-1200-1600 AF

そして最近、次のようなフレームサイズを見かけるようになりました。

 32-63-125-250-630-1250 AF

こちらは新JIS 規格に対応して新たに追加されたフレームサイズとなっています。
この新JIS規格は、国際規格整合化の流れに伴ってIEC 規格を取り入れたものです。

(産業用と住宅用でJIS規格が分離されました)
【産業用】配線用遮断器の規格
JIS C 8201-2-1 附属書1(Ann1)附属書2(Ann2)
※附属書1はIEC規格特性、附属書2は従来JIS規格特性に対応

【産業用】漏電遮断器の規格
JIS C 8201-2-2 附属書1(Ann1)附属書2(Ann2)
※附属書1はIEC規格、附属書2は従来JIS規格に対応

●電気設備技術基準の解釈との関係
在来工事とIEC工事の二種類が定義され、
・在来工事の場合には附属書2
・IEC 工事の場合には附属書1
●内線規程でのブレーカの選定
内線規程JEAC8001にて
・配線用遮断器の適合規格として、JIS C 8201-2-1 附属書2
・漏電遮断器の適合規格として、JIS C 8201-2-2 附属書2
●国土交通省の公共建築工事仕様書(電気設備工事編)でのブレーカの選定
公共建築工事仕様書(電気設備工事編)にて
・配線用遮断器の適合規格として、JIS C 8201-2-1 附属書2
・漏電遮断器の適合規格として、JIS C 8201-2-2 附属書2