軽腕金の種類と装柱方法の適用【東京電力】

腕金

架空配電線路の支持材としてコンクリート柱等に使用する軽腕金について、その種類と装柱方法の適用について記します。本内容は東京電力の材料標準仕様書によります。

※正しくは□や〇の中に、その後に続く文字が記載されます。
※□の中にテ、〇の中にヒ など。
※最初の数字は、腕金の長さを表す。

1.8 □テ
主として高圧3線引通し装柱、両引留装柱(槍出し)、高圧3線総槍出し装柱または、変台装柱(2個装柱)の腕金に用いる。

1.8 ○ヒ
主として引留装柱(芯付け,槍出し)、油入開閉器取付装柱の腕金に用いる。

1.5 □テ
主として高圧3線引通し装柱、総槍出し装柱、両引留装柱(槍出し)、または、変台装柱(1個装柱)の腕金に用いる。

1.5 ○ヒ
主として引留装柱、ケーブルヘッド取付装柱の腕金に用いる。

1.2 ○ト
主として高圧線引下げ装柱、低圧槍出し装柱の腕金に用いる。

0.9 ○テ
低圧2線引通し装柱、引留め装柱の腕金に用いる。